准看護師と看護師の違い

准看護師転職ランキングTOP > 看護師との違い

准看護師と看護師との大きな違いは!?

看護師と言う仕事は誰もが知る職業でもありますが、その看護師の中でも准看護師と看護師とに分かれる事は知らない人も意外と多くいます。そして准看護師と言う名前を聞いた事がある人でもどちらも看護師と言う名称が付く為、その違いを知る人は多くありません。同じ看護師として働くこの准看護師と看護師とには一体どのような違いがあるのでしょうか。

まずはその違いを資格の面から比較して見る事にします。まず看護師の場合、看護師資格を取る為に養成学校を卒業し国家試験に合格する必要があります。合格してはじめて看護師の資格を取得する事が出来、看護師として働く事が出来るようになるのです。一方准看護師は同じように養成学校を卒業後、都道府県知事試験を合格する必要があります。看護師資格は国家試験で厚生労働大臣がその資格を発行するのに対して、准看護師は都道府県知事が発行します。資格の上では看護師と准看護師にはこのような違いがあるのです。まずは准看護師の資格を取得しひとまず准看護師として働きながら看護師の国家試験を目指す准看護師もいます。

仕事内容の違いで比較して見ますと、基本的にはどちらも看護師としての職務内容になります。どちらの資格でも直接的な医療行為を行う事は出来ません。あくまで医師が行う医療行為の補助業務を行う事が看護師の仕事です。職務的な面での違いと言いますと、准看護師は看護師の補助業務などの行う事もあると言う事になります。

看護師法によっても規定されていますが、准看護師は医師または看護師の指示を受けて、となっています。同じ看護師である事には違いはないのですが、正看護師を補助する役割を求められるのが准看護師の仕事です。また違いと言う事ではお給料などの待遇面でも違いが出てきます。一般的に准看護師の方が水準が低いと言われています。その為やはり准看護師のままではなく、正看護師として働く事を目指す看護師の多いのです。キャリアップの面でもやはり准看護師ではあまり期待できない傾向にあります。もしあなたが看護師として看護師長のようなキャリアを目指すのであれば看護師の資格を取得する事を考える必要があるかもしれません。

とは言っても准看護師も重要な役割を担う大事な職業です。自分に合った仕事や職場を見つけ、病気の患者の為に働く事も凄く立派な事です。もし今の職場などが自分には合わない、別にやりたい事がある、このような場合には看護師の転職エージェントを利用して転職して見るのも良いかもしれません。

准看護師の求人検索なら以下のエージェントが便利!

人気1位 マイナビ看護師
対象地域 全国
利用料金 無料
運営企業名 株式会社マイナビ
ランキング 人気2位
サービスサイト名 ナース人材バンク
対象地域 全国
利用料金 無料
運営企業名 株式会社エス・エム・エス