准看護師の奨学金をご紹介!

准看護師の奨学金はどれくらい!?

准看護師になるにもお金はつきものです。まして、准看護師になりたい人が、中学卒業者であったり、あるいは、働きながら准看護師の免許を取りたいといった人の場合、学費を必要としている人も少なくありません。

その学費は、入学金や年間の学費、および維持費や雑費などを入れると、かなりの金額です。たとえば、看護学校によっても違いますが、入学金が20万円、年間の授業料だけでも30万円以上はかかるようです。そのほか、教材費などを含めると、中学卒業者や働きながらの女性にとっては、大金であることには違いありません。

こうした准看護師を目指す人のために、准看護師の奨学金というものがあります。公的なものでは、各自治体が行なっている奨学金制度です。あるいは、独立行政法人 日本学生支援機構が行っている奨学金制度もあります。学費の全額というわけではありませんが、入学金などを除いた毎月の授業料ほどは貸してもらえるようです。

一方、准看護師学校が設けている奨学金や、病院付属の准看護師学校の奨学金もあります。そうした場合には、その病院である程度決められた期間、働くことで奨学金を受けることができる場合もあるようです。さらに場合によっては、お礼奉公をすることで、奨学金の返済を免除されるといったケースもあるようです。

ただ、奨学金を受けるのだから、絶対にその病院で仕事をしなければならない、といったことはありませんが、暗黙のうちに、奨学金を受けた医療機関での奉公が了解されているような風潮があるようです。

こうしたそれぞれの奨学金制度があるので、どうしても学費が負担である場合には、奨学金制度を利用することもおすすめです。准看護師の学校に行きたいけれど、学費がない人にはたいへんありがたい制度なので利用価値はあると思います。しいて欠点をあげるとすれば、その医療機関での待遇が悪かったり、環境が悪かったりすると、奨学金を借りている手前、転職に踏み切れない場合もあります。

一番いいのは、お金を貯めてから准看護師の学校に行くのがいいかもしれません。そうすることで、仕事先の縛りがなくなるので転職するにしても自由度があります。ただ、そうはいっても奨学金で学びたい人もいます。そうした場合には、いろいろなデメリットがあることも念頭において奨学金を受けることが大事です。

准看護師の求人検索ならこのサイトがオススメ!

人気1位 マイナビ看護師
対象地域 全国
利用料金 無料
運営企業名 株式会社マイナビ
ランキング 人気2位
サービスサイト名 ナース人材バンク
対象地域 全国
利用料金 無料
運営企業名 株式会社エス・エム・エス