准看護師のボーナス制度

准看護師はボーナス貰えるの!?

高齢化がすすむなかで、看護の仕事の需要が伸びています。求人のニーズが多いことから、将来の安定を目指して、看護師や准看護師になりたいと思っている人が増えてきています。

そこで准看護師のボーナスや年収が気になりますが、一般の事務職の女性と変わらないか、若干、それよりもいいような気がします。さらに、看護に携わるなかで知識や経験も増えていくので、スキルを身につけることができます。年齢を重ねるごとにキャリアを持つことになりますので、給与も次第にアップされているのが分かります。准看護師よりも看護師のほうが、確かに給与はいいようですが、准看護師でも収入の差があるものの、給与は年齢を増すごとに増えているようです。

では、その准看護師の年収とボーナスを見ていきましょう。たとえば、10人以上規模の医療機関で働いている准看護師の場合には、勤続年数10年では、年収400万円が相場のようです。そして、月収が28万円前後、ボーナスはおよそ70万円前後です。 上記の年収やボーナスは、病院や医療機関の規模によっても、多少異なります。また、年齢や経験年数、実労働時間などを考慮することは、当然であるといえるかもしれません。あくまでも目安として念頭に入れておきましょう。

一方、准看護師で働く場合は、常勤としてでなく非常勤として働いている人もいます。こうした場合には、時給で支払われることになりますが、時給も条件により2倍程度違いがあることもあるようです。小さな地方の病院であれば850円ほどのところも数多くあります。一方、医療機関によっては、1500〜1800円といったところもあり、時給の差があるようです。

働き方としては、さまざまな形態で勤務することができるので、ボーナスが出ない代わりに、自分の生活スタイルにあった方法で仕事ができるといったメリットがあります。たとえば、子育て中の人であれば、午前中だけとか、週に2〜3日の勤務での募集もあるようです。職場によっては、普通のパートで働くよりも時給の面では優遇されている場合もあります。

ところで、男性の准看護師もいるのをご存知ですか?介護や医療の分野では、今後の需要が高まることから、男性の希望者も増えています。年収やボーナスをみると、あまり女性とは変わりませんが、若干、男性の准看護師のほうが、ボーナスは変わらないものの、給与の面で違うようです。さすがに50代をピークに年収アップがみられますが、60代になると大幅に下がる傾向があるようです。しかし、准看護師という仕事は、年齢に関係なくできる仕事なので、長く仕事をしたいのであれば、こうした介護や医療での仕事もおすすめです。

准看護師の年齢、性別、勤務期間などを考慮にして年収やボーナスが変わります。准看になりたい人は、どれくらいの年収やボーナスがあるかを詳しく調べておくのがいいでしょう。

好待遇の求人を探すなら以下のエージェントの利用がオススメ!

人気1位 マイナビ看護師
対象地域 全国
利用料金 無料
運営企業名 株式会社マイナビ
ランキング 人気2位
サービスサイト名 ナース人材バンク
対象地域 全国
利用料金 無料
運営企業名 株式会社エス・エム・エス